ヒガンバナ科

スポンサーリンク
ヒガンバナ科

スノードロップ(マツユキソウ)とスノーフレーク(オオマツユキソウ)の違いは?似た種類を解説 花被片の「緑色」には様々な役割があった!?

スノードロップとスノーフレークはいずれもヒガンバナ科に含まれ、日本では冬に開花する観賞用の園芸植物として極めて一般的に栽培されています。どちらもヨーロッパ原産である他、白をベースに緑色の斑点がある上に、名前も似ていることから混同されることが...
ヒガンバナ科

ラッキョウ(辣韮)・ヤマラッキョウ・イトラッキョウの違いは?キイイトラッキョウとの違いは?似た種類を解説

ラッキョウ・ヤマラッキョウ・イトラッキョウはいずれもヒガンバナ科ネギ属に含まれ、「ラッキョウ」という文字が和名の中に入っているという点で共通しています。ラッキョウはらっきょう漬けとして食用にされ、ヤマラッキョウとイトラッキョウは日本の野生種...
ヒガンバナ科

ヒガンバナ(彼岸花・曼珠沙華)・コヒガンバナ・シロバナマンジュシャゲ・ショウキズイセンの違いは?似た種類を解説

ヒガンバナ(彼岸花・曼珠沙華)・コヒガンバナ・シロバナマンジュシャゲ・ショウキズイセンはいずれもヒガンバナ科ヒガンバナ属に含まれる多年草で、毒性があることと、秋に花が群生することで日本人にはとても馴染みのある仲間です。しかし、その種類は多く...
ヒガンバナ科

ニホンズイセンとスイセン(水仙)には違いあり!毒性は?ニラとの区別は?原産地はどこ?花はなぜ冬に咲くように進化した?(花の生態がわかる写真図鑑 55)

水仙は日本では冬に咲く観賞用の園芸植物としてとても人気の高い種類です。しかし、少し調べるとニホンズイセンあったり、単にスイセンと表記されている場合があります。ニホンズイセンとスイセンでは何か違いがあるのでしょうか?ニホンズイセンとは中国原産...
ヒガンバナ科

タマスダレ・サフランモドキ・サフランの違いは?なぜ「モドキ」と呼ばれる?花には原産地では甲虫ばかり訪れていた!?(花の生態がわかる写真図鑑 22)

タマスダレとサフランモドキは観賞用に園芸で盛んに栽培されますが、和名の混乱があるかも知れません。タマスダレでは花被裂片内側が白色であるのに対して、サフランモドキでは鮮桃色になっていることが最も大きな違いです。サフランモドキは「モドキ」と呼ば...
スポンサーリンク
error: