スポンサーリンク
植物

ネコハギ・イヌハギ・メドハギ・ハイメドハギの違いは?似た種類の見分け方を解説

ネコハギ・イヌハギ・メドハギ・ハイメドハギはいずれもマメ科ハギ属に含まれ、その中でも小型で長さ10mm以下で木質化しないグループに含まれる多年草です。花弁は白色がベースで部分的に蜜標として紫色で着色されている点などは大きな共通点で、区別がつ...
植物

カキネガラシとイヌカキネガラシの違いは?似た種類の見分け方を解説

カキネガラシとイヌカキネガラシはいずれもアブラナ科キバナハタザオ属に含まれ、自然度が高くない都市部のコンクリートの隙間などにも生えることがある外来の雑草です。アブラナ科特有の黄色い花と分裂した葉が他種から区別される大きな特徴でしょう。しかし...
植物

キリ(桐)とジャカランダ(キリモドキ)の違いは?似た種類の見分け方を解説

キリ(桐)とジャカランダ(キリモドキ)はいずれも「キリ」という名前がつく落葉高木で、紫色の筒状鐘形の花を咲かせる点からかなり似ており、咲く時期も近いです。キリは日本人にとっては伝統的に神聖な木とみなされ、花や木材が珍重されてきた一方、キリモ...
植物

ノボロギク・ベニバナボロギク・ダンドボロギクの違いは?似た種類の見分け方を解説

ノボロギク・ベニバナボロギク・ダンドボロギクはいずれもキク科サワギク連(キオン連)に含まれ、「ボロギク」という名前が付く外来の雑草です。頭花(頭状花序)が筒状花のみで構成されている点も大きな特徴と言えるでしょう。これら3種は名前が似ているた...
植物

キュウリグサ・ミズタビラコ・ハナイバナの違いは?ワスレナグサ・ノハラムラサキとの違いは?似た種類の見分け方を解説

キュウリグサとミズタビラコはいずれもムラサキ科キュウリグサ属に含まれ、全縁の葉・さそり型花序・青い花冠・付属体の存在で特徴づけられる越年草です。特にキュウリグサは知名度が高く、春になると咲く青色の可愛い花として人気があります。キュウリグサと...
植物

コハコベ・ミドリハコベ・ウシハコベの違いは?似た種類の見分け方を解説!生存戦略にも違いがあった!?

コハコベ・ミドリハコベ・ウシハコベはいずれもナデシコ科ハコベ属に含まれ、道傍を観察すると必ずといっていいほど発見できる日本を代表する雑草です。日本では春の七草の1種であり、七草がゆとして食され馴染み深いです。しかし、普通これら3種「ハコベ」...
植物

ミミナグサとオランダミミナグサの違いは?ハコベ類との違いは?似た種類の見分け方を解説

ミミナグサとオランダミミナグサはいずれもナデシコ科ミミナグサ属に含まれ、路傍に生える春を代表する「雑草」として極めて一般的な植物でしょう。しかし、2種を正確に区別できている人は少ないかもしれません。2種を区別をするには場合によっては細かく観...
植物

ユスラウメ・ニワウメ・ニワザクラの違いは?ウメ・サクラとの違いは?似た種類の見分け方を解説

ユスラウメ・ニワウメ・ニワザクラはいずれもバラ科スモモ属に含まれ、低木でありながら春にウメやサクラのような綺麗な花を咲かせることから園芸で人気の樹木です。食用にもできることも知られています。しかし、見た目がかなり似ており、混同してしまう人が...
植物

ハマダイコン・ハナダイコン・ショカツサイ(オオアラセイトウ)の違いは?似た種類の見分け方を解説

ハマダイコン・ハナダイコン(ハナスズシロ)・ショカツサイ(オオアラセイトウ)はいずれもアブラナ科に含まれ、名前に「ダイコン」が含まれることがあり、観賞用・食用いずれかの目的で栽培され、野生化したこともある草本です。紫系統の十字花を付ける点が...
植物

トキワサンザシ・カザンデマリ・タチバナモドキの違いは?似た種類の見分け方を解説!ピラカンサがレンジャク類の突然死の原因になるというのは嘘?

トキワサンザシ・カザンデマリ・タチバナモドキはいずれもバラ科トキワサンザシ属に含まれ、冬につける鮮やかな赤い果実が特徴的で観賞用に頻繁に栽培されますが、園芸では属名からこの仲間を総称して「ピラカンサ(ピラカンタ)」または「ピラカンサス」とあ...
スポンサーリンク
error: