文化人類学と民族学

スポンサーリンク
アカネ科

アカネ(日本茜)・セイヨウアカネ(西洋茜)・インドアカネ(インド茜)の違いは?似た種類を解説

アカネ(日本茜)・セイヨウアカネ(西洋茜)・インドアカネ(インド茜)はいずれもアカネ科アカネ属に含まれ、主に根が赤系統の染色に用いられてきたことは有名で、「茜色」という色は植物の「アカネ」に由来しており、人名にも多く、利用が衰退した現在でも...
ケシ科

クサノオウとヤマブキソウの違いは?毒はどのくらい危険?クサノオウの花が斜めに傾いて咲くのはなぜ?(花の生態がわかる写真図鑑 61)

クサノオウとヤマブキソウはいずれも黄色い4枚の花弁から構成されるケシ科の野生種であるため、区別に迷うことがあるかもしれません。葉は小葉の鋸歯の有無で見分けることができ、花は殆どそっくりですが、花序の付き方や雄しべや雌しべの形に違いがあります...
トウダイグサ科

トウゴマの毒性は?成分は?ひまし油の用途は?なぜ毒があるのに安全?花は風媒と虫媒を両立していた!?種子も自動散布とアリ散布を両立!?(花の生態がわかる写真図鑑 52)

トウゴマはアフリカ北東部が原産とも言われ、世界中で商品用や観賞用や栽培され、帰化することもある多年草です。見間違えることは殆どありません。種子は「蓖麻子(ひまし)」と呼ばれ油分を多く含み、抽出された「ひまし油」は化粧品、シャンプー、石鹸、ハ...
アブラナ科

カラシナ・アブラナ・セイヨウアブラナ・クロガラシの違いは?利用方法はどう違う?なぜ辛く進化した?和辛子やサラダ油に欠かせないアブラナ属は昆虫が訪れることで結実率が上がっていた!(花の生態がわかる写真図鑑 47)

カラシナ・アブラナ・セイヨウアブラナ・クロガラシは春に咲く黄色いアブラナ科の花4種で花の形は殆ど変わりません。生息環境もほぼ同じです。その上近い仲間が沢山いて、非常に混乱します。その複雑さから研究者ですら同定を間違うほどです。最近の研究で詳...
クスノキ科

アブラチャン・クロモジ・ヤマコウバシ・ダンコウバイ・シロモジの違いは?花には早春に甲虫が出会いを求めてやって来る?最新研究で分かった意外な生態!(花の生態がわかる写真図鑑 3)

アブラチャン・クロモジ・ヤマコウバシ・ダンコウバイ・シロモジはクロモジ属の代表で、日本の林内によく生える葉が全縁の落葉低木5種です。かなり判別には慣れが必要ですが、葉・葉序・芽など細かくみれば判別できます。利用方法は主に香料や油をとるために...
バラ科

アンズとアプリコットには違いあり!ウメ・サクラ・スモモとの違いは?なぜウメとサクラの間に咲く?果実の毒性は鳥には効かなかった!?(花の生態がわかる写真図鑑 2)

アンズとアプリコットは果実をドライフルーツとして食することから身近な食べ物です。これらはよく同じものとして扱われ一般的にアンズはアプリコットの英名として扱われることが多いです。しかし、これは正しくない場合があります。生物学的には、非常に近い...
スポンサーリンク
error: