文化人類学と民族学

スポンサーリンク
植物

ハナニラ・ニラ・ハタケニラの違いは?似た種類の見分け方を解説!食用になる?

ハナニラ・ニラ・ハタケニラはいずれもヒガンバナ科ネギ亜科に含まれ「ニラ(韮)」という名前が付いており、畑~都市部でも確認できる一般的な多年草です。紛らわしい命名であるためこれら3種類を見たことがない人にとって見分け方がわからないと感じること...
植物

アガベ(竜舌蘭)とユッカ(君が代蘭)の違いは?似た種類の見分け方を解説!寿命が100年は嘘?テキーラの原料になるのは嘘?

リュウゼツラン・アオノリュウゼツラン・アガベ・キミガヨラン・ユッカはいずれもキジカクシ科(クサスギカズラ科)に含まれ、子供や大人の背丈ほどになることがあるほど大型で、平行脈になっている単子葉を持つことが大きな特徴です。その迫力と乾燥に強いこ...
植物

ディル(イノンド)とフェンネル(ウイキョウ)の違いは?似た種類の見分け方を解説

ディル(イノンド)とフェンネル(ウイキョウ)はいずれもセリ科に含まれ、植物全体に強い芳香があり、葉はハーブとして、果実はスパイスとして利用される点が同じです。特に葉はどちらも「魚のハーブ」と呼ばれ、魚料理との相性が抜群です。しかも形態的にも...
植物

イチゴ(苺)とワイルドストロベリー(エゾヘビイチゴ)の違いは?ヘビイチゴとの違いは?似た種類の見分け方を解説

イチゴとワイルドストロベリー(エゾヘビイチゴ)はいずれもバラ科オランダイチゴ属に含まれ、集合果の花床が赤く肥大し、食用になることから大人気の多年草です。日本でも盛んに栽培され、特にオランダイチゴは本来の果期である6~7月の他、商業的には冬に...
植物

アカネ(日本茜)・セイヨウアカネ(西洋茜)・インドアカネ(インド茜)の違いは?似た種類の見分け方を解説

アカネ(日本茜)・セイヨウアカネ(西洋茜)・インドアカネ(インド茜)はいずれもアカネ科アカネ属に含まれ、主に根が赤系統の染色に用いられてきたことは有名で、「茜色」という色は植物の「アカネ」に由来しており、人名にも多く、利用が衰退した現在でも...
植物

クサノオウとヤマブキソウの違いは?似た種類の見分け方を解説!毒性は?クサノオウの花が斜めに傾いて咲くのはなぜ?

クサノオウとヤマブキソウはいずれも黄色い4枚の花弁から構成されるケシ科の野生種であるため、区別に迷うことがあるかもしれません。葉は小葉の鋸歯の有無で見分けることができ、花は殆どそっくりですが、花序の付き方や雄しべや雌しべの形に違いがあります...
植物

プルメリアとインドソケイには違いあり!似た種類の見分け方を解説!ハワイにはいつ来た?毒性は?花の派手な色と匂いとは蛾を騙すための進化だった!?

プルメリアは南国を象徴するような鮮やかなで大きな花と香りを放つ人気の園芸植物です。しかし、インドソケイという呼称も知られています。プルメリアとインドソケイでは意味が異なる可能性があります。インドソケイというと、日本で最も一般的なある一種類に...
植物

トウゴマの毒性は?成分は?ひまし油の用途は?なぜ毒があるのに安全?花は風媒と虫媒を両立していた!?種子も自動散布とアリ散布を両立!?

トウゴマはアフリカ北東部が原産とも言われ、世界中で商品用や観賞用や栽培され、帰化することもある多年草です。見間違えることは殆どありません。種子は「蓖麻子(ひまし)」と呼ばれ油分を多く含み、抽出された「ひまし油」は化粧品、シャンプー、石鹸、ハ...
植物

フジ・ヤマフジ・ナツフジの違いは?似た種類の見分け方を解説!なぜ日本人から愛される?花はクマバチ専用だった?藤の豆はカチンと弾け飛ぶ?

フジ・ヤマフジ・ナツフジは現在でも藤棚が用意されるほど、人気のマメ科の植物です。しかしその3種の判別は慣れるまで大変です。この同定には花期やつるの巻く方向を調べることがとても重要です。歴史も古く日本の奈良時代に成立した最古の文献である『古事...
植物

カラシナ・アブラナ・セイヨウアブラナ・クロガラシの違いは?利用方法はどう違う?なぜ辛く進化した?和辛子やサラダ油に欠かせないアブラナ属は昆虫が訪れることで結実率が上がっていた!

カラシナ・アブラナ・セイヨウアブラナ・クロガラシは春に咲く黄色いアブラナ科の花4種で花の形は殆ど変わりません。生息環境もほぼ同じです。その上近い仲間が沢山いて、非常に混乱します。その複雑さから研究者ですら同定を間違うほどです。最近の研究で詳...
スポンサーリンク