植物

スポンサーリンク
セリ科

ディル(イノンド)とフェンネル(ウイキョウ)の違いは?似た種類を解説

ディル(イノンド)とフェンネル(ウイキョウ)はいずれもセリ科に含まれ、植物全体に強い芳香があり、葉はハーブとして、果実はスパイスとして利用される点が同じです。特に葉はどちらも「魚のハーブ」と呼ばれ、魚料理との相性が抜群です。しかも形態的にも...
バラ科

イチゴ(苺)とワイルドストロベリー(エゾヘビイチゴ)の違いは?ヘビイチゴとの違いは?似た種類を解説

イチゴとワイルドストロベリー(エゾヘビイチゴ)はいずれもバラ科オランダイチゴ属に含まれ、集合果の花床が赤く肥大し、食用になることから大人気の多年草です。日本でも盛んに栽培され、特にオランダイチゴは本来の果期である6~7月の他、商業的には冬に...
バラ科

オランダイチゴ(苺)とキイチゴ・ノイチゴ(野苺)・ラズベリー・ヘビイチゴの違いは?似た種類を解説

オランダイチゴ(苺)・キイチゴ(木苺)・ノイチゴ(野苺)・ラズベリー・ヘビイチゴ(蛇苺)はいずれもバラ科に含まれ、大雑把にツブツブが付いた赤い実のようなものを付けた「イチゴ」の仲間として認識されているでしょう。しかし、この内ノイチゴとラズベ...
サカキ科

ヒサカキ・ハマヒサカキ・サカキの違いは?似た種類を解説、早春に咲くヒサカキはハチとハエに受粉を頼っていた!?

ヒサカキ・ハマヒサカキ・サカキはいずれもサカキ科(モッコク科)に含まれ、特にヒサカキとサカキは古代から神道において神霊の「依り代」と考えられており、日本では伝統的に植栽されています。しかし、名前も類似しており、混同されることは多いかもしれま...
バラ科

ビワ(枇杷)とイヌビワの違いは?アンズ(杏)・カキ(柿)・マンゴーとの違いは?似た種類を解説、冬に咲くビワの花には昆虫と小鳥が訪れていた!?

ビワは中国原産で、世界中で果樹として果実を食用にするために栽培される常緑高木です。日本では食用だけではなく観賞用にも頻繁に栽培されています。よく似た名前の種類としてイヌビワという落葉低木も知られており楕円形で実のようなもの付ける点から混同さ...
キク科

ウィンターコスモス・キクザキセンダングサ・コスモスの違いは?似た種類を解説、実はウィンターコスモスとキクザキセンダングサは別物だった!?

ウィンターコスモス(ウインターコスモス)は園芸で観賞用に栽培され、花期は9〜12月と冬に咲くことからガーデニングで重宝されている植物です。一見、コスモスと名前が似ていることから混同する人もいるかもしれません。しかし、総苞片・花・果実を確認す...
モクセイ科

ヒイラギ(オニヒイラギ)・ヒイラギモクセイの違いは?ヒイラギモチ・セイヨウヒイラギ・ヒイラギナンテンとの違いは?似た種類を解説 鋸歯葉と全縁葉の2種類があるのは進化の結果だった!?

ヒイラギ(オニヒイラギ)・ヒイラギモクセイはいずれもモクセイ科モクセイ属に含まれ、町中でも栽培されているのを見かけます。ヒイラギに関しては林内で幼木を頻繁に見かけるときもあります。形態的にはどちらも葉に鋸歯があり、そのため、これら2種は混同...
ヒガンバナ科

スノードロップ(マツユキソウ)とスノーフレーク(オオマツユキソウ)の違いは?似た種類を解説 花被片の「緑色」には様々な役割があった!?

スノードロップとスノーフレークはいずれもヒガンバナ科に含まれ、日本では冬に開花する観賞用の園芸植物として極めて一般的に栽培されています。どちらもヨーロッパ原産である他、白をベースに緑色の斑点がある上に、名前も似ていることから混同されることが...
キンポウゲ科

クリスマスローズ・レンテンローズ・ヘレボルスの違いは?似た種類を解説、実は見かけるのはレンテンローズばかりだった!?

クリスマスローズとレンテンローズはいずれもキンポウゲ科クリスマスローズ属に含まれ、日本では冬の間に花が咲くことから園芸で観賞用に頻繁に栽培されているのを見かけます。品種改良も盛んで大輪の品種や八重咲きの品種もあります。しかし、品種の多様さか...
エゴノキ科

エゴノキ・ピンクチャイム・ハクウンボクの違いは?チシャノキ・ウツギ・ハイノキ・ヒメシャラとの違いは?似た種類を解説

エゴノキ・ピンクチャイム・ハクウンボクはいずれもエゴノキ科エゴノキ属に含まれ、庭木などとしても身近な植物です。形態的には、花柄が地面に向かって伸びて、花が下向きに咲くことが特徴と言えるでしょう。しかし、これらの区別方法が分からない人がいるか...
スポンサーリンク
error: