形態学

スポンサーリンク
サカキ科

ヒサカキ・ハマヒサカキ・サカキの違いは?似た種類を解説、早春に咲くヒサカキはハチとハエに受粉を頼っていた!?

ヒサカキ・ハマヒサカキ・サカキはいずれもサカキ科(モッコク科)に含まれ、特にヒサカキとサカキは古代から神道において神霊の「依り代」と考えられており、日本では伝統的に植栽されています。しかし、名前も類似しており、混同されることは多いかもしれま...
バラ科

ビワ(枇杷)とイヌビワの違いは?アンズ(杏)・カキ(柿)・マンゴーとの違いは?似た種類を解説、冬に咲くビワの花には昆虫と小鳥が訪れていた!?

ビワは中国原産で、世界中で果樹として果実を食用にするために栽培される常緑高木です。日本では食用だけではなく観賞用にも頻繁に栽培されています。よく似た名前の種類としてイヌビワという落葉低木も知られており楕円形で実のようなもの付ける点から混同さ...
キク科

ウィンターコスモス・キクザキセンダングサ・コスモスの違いは?似た種類を解説、実はウィンターコスモスとキクザキセンダングサは別物だった!?

ウィンターコスモス(ウインターコスモス)は園芸で観賞用に栽培され、花期は9〜12月と冬に咲くことからガーデニングで重宝されている植物です。一見、コスモスと名前が似ていることから混同する人もいるかもしれません。しかし、総苞片・花・果実を確認す...
モクセイ科

ヒイラギ(オニヒイラギ)・ヒイラギモクセイの違いは?ヒイラギモチ・セイヨウヒイラギ・ヒイラギナンテンとの違いは?似た種類を解説 鋸歯葉と全縁葉の2種類があるのは進化の結果だった!?

ヒイラギ(オニヒイラギ)・ヒイラギモクセイはいずれもモクセイ科モクセイ属に含まれ、町中でも栽培されているのを見かけます。ヒイラギに関しては林内で幼木を頻繁に見かけるときもあります。形態的にはどちらも葉に鋸歯があり、そのため、これら2種は混同...
ヒガンバナ科

スノードロップ(マツユキソウ)とスノーフレーク(オオマツユキソウ)の違いは?似た種類を解説 花被片の「緑色」には様々な役割があった!?

スノードロップとスノーフレークはいずれもヒガンバナ科に含まれ、日本では冬に開花する観賞用の園芸植物として極めて一般的に栽培されています。どちらもヨーロッパ原産である他、白をベースに緑色の斑点がある上に、名前も似ていることから混同されることが...
キンポウゲ科

クリスマスローズ・レンテンローズ・ヘレボルスの違いは?似た種類を解説、実は見かけるのはレンテンローズばかりだった!?

クリスマスローズとレンテンローズはいずれもキンポウゲ科クリスマスローズ属に含まれ、日本では冬の間に花が咲くことから園芸で観賞用に頻繁に栽培されているのを見かけます。品種改良も盛んで大輪の品種や八重咲きの品種もあります。しかし、品種の多様さか...
キク科

コスモス・キバナコスモス・チョコレートコスモス・マリーゴールドの違いは?似た種類を解説

コスモス・キバナコスモス・チョコレートコスモスはいずれもキク科コスモス属で日本では外来種ではあるものの、「秋桜」という別名があるように今では秋を代表する景観植物となっており、盛んに栽培されています。大きく美しい舌状花の花冠を持つことと、痩果...
キク科

アレチノギク・オオアレチノギク・ヒメムカシヨモギ・ケナシヒメムカシヨモギの違いは?花と果実の構造は?

アレチノギク・オオアレチノギク・ヒメムカシヨモギ・ケナシヒメムカシヨモギはいずれもキク科アズマギク属に含まれ、アメリカ大陸から世界に広がる1〜越年草です。日本でも乾燥した畑~都市部で頻繁に見られます。慣れないうちは区別が難しいかもしれません...
ゴマノハグサ科

フジウツギ・フサフジウツギ(ブッドレア)・コフジウツギ・トウフジウツギの違いは?花に訪れるのは蝶だけじゃない!?種子は風に飛ばされる?

フジウツギ・フサフジウツギ(ブッドレア)・コフジウツギ・トウフジウツギはいずれもゴマノハグサ科フジウツギ属で、茎頂に花序を出し、それぞれの花は長い花筒を持っている点が一番の特徴的です。フサフジウツギは匂いの強さから園芸で特に人気があるでしょ...
シソ科

ローズマリーとウエストリンギア(オーストラリアンローズマリー)の違いは?ラベンダーとの違いは?花はハナバチが大好き?果実にとってアリは味方であり敵でもあった!?

ローズマリー(マンネンロウ)とウエストリンギア(オーストラリアンローズマリー)はいずれもシソ科で名前が似ており、日本では観賞用によく植えられている他、葉や花の形も一見よく似ています。しかし、ローズマリーはヨーロッパ・北アフリカ原産で、オース...
スポンサーリンク
error: