【種子植物図鑑 #136】フウ科にはどんな種類がいる?写真一覧

種子植物図鑑
Liquidambar styraciflua

フウ科 Altingiaceae は樹木。風媒花(Ickert-Bond et al., 2007)。中央アメリカ、メキシコ、北アメリカ東部、地中海東部、中国、熱帯アジアに自生します。観賞用として栽培されることも多く、多くは貴重な木材を生産しています。頭状花序、托葉が葉柄に延着、花弁がないことが共有派生形質です。

本記事ではフウ科の植物を図鑑風に一挙紹介します。

写真は良いものが撮れ次第入れ替えています。また、同定は筆者が行ったものですが、誤同定があった場合予告なく変更しておりますのでご了承下さい。

スポンサーリンク

No.1335 フウ Liquidambar formosana

高木(Flora of China)。高さ30m以下、幹がときに直径1mになります。樹皮は灰褐色。小枝は有毛または無毛、ときに皮目があります。芽は卵形、長さ1cm、微軟毛があります。托葉は赤色、ほとんど離れまたは葉柄につき、長さ1~1.4cm、葉柄は長さ8~12cm、有毛。葉身は広卵形、掌状に3裂し、葉脈は3本、中央の裂片は大きく、下面は普通、乾いた灰白色、有毛または無毛、基部は円形、縁は腺のある鋸歯縁、先は尾状尖鋭形~心形~類心形~切形、葉脈は両面で明瞭。花期は3~6月。雄花序は短い穂状花序、総状花序につくこともあります。雌花序は花が24~43個、花序柄は長さ3~6cm、たまに皮目があり、腺はありません。雄花は雄しべが多数、花糸は不等長、葯は花糸よりわずかに短い。雌花は仮雄しべの歯が4~7個、針状、長さ4~8mm。子房は有毛。花柱は長さ6~10mm、普通、後ろ向きにコイル状に巻きます。果期は7~9月。果序は球形、幅3~4cm。蒴果は仮雄しべが宿存します。種子は多数、褐色。朝鮮、中国、台湾、ラオス、ベトナムに分布、日当たりの良い場所、村の近く、山地の森に生えます。日本を含む各国で観賞用に栽培され、主に西日本で街路樹、公園樹としてやや普通に見られます(林,2014)。

フウの樹形
フウの樹形
フウの葉
フウの葉

No.1336 モミジバフウ Liquidambar styraciflua

高木(Flora of North America)。高さ41m以下。托葉は線状披針形、長さ3~4mm、早落性、葉柄の基部近くの上面に2個の托葉痕が残ります。葉柄は長さ(44~)60~100(~150)mm。葉身は掌状に分裂し、主な裂片はときに再び、歯状分裂し、長さ7~19(~25)cm、幅4.4~16cm。若い葉は脈上に毛があり、基部の主脈脇に宿存する赤褐色の単毛を持ちます。これ以外は葉の表面が無毛。花期は春(3~5月)。雄花は花序柄がある密散花序、長さ3~6cmにつき、花被はありません。雄しべは花に4~8(~10)個、花托筒は盤状、盤の裂片の円の周りに5~8個の仮雄しべをもちます。子房は(1~)2室。花柱は2個。柱頭は内向きに曲がります。蒴果の果序は熟すと褐色になり、球形、直径2.5~4cm(硬化した花柱を含む)。種子は先に翼があり、長さ8~10mm、樹脂の導管の跡があります。未熟な種子は帯褐色、長さ1~2mm、翼が無く、不規則、おがくずに似ています。カエデ類に似ますが、互生で、葉に細かい鋸歯があります。北アメリカ、南アメリカに分布。日本を含む各国で観賞用に栽培され、街路樹、公園樹として都市部でも普通に見られます(林,2014)。多数の種子を含む硬い木質の果実はガムボールと呼ばれ、孔が開き、風に乗って翼のある種子を飛ばし、鳥や樹上性リス類 Sciurini 、シマリス類 Marmotini なども食べ、散布されます(Morris et al., 2008)。

モミジバフウの樹形
モミジバフウの樹形
モミジバフウの葉
モミジバフウの葉
モミジバフウの樹皮
モミジバフウの樹皮
モミジバフウの未熟果
モミジバフウの未熟果

引用文献

Ickert-Bond, S. M., Pigg, K. B., & Wen, J. 2007. Comparative infructescence morphology in Altingia (Altingiaceae) and discordance between morphological and molecular phylogenies. American Journal of Botany 94(7): 1094-1115. https://doi.org/10.3732/ajb.94.7.1094

Morris, A. B., Ickert-Bond, S. M., Brunson, D. B., Soltis, D. E., & Soltis, P. S. 2008. Phylogeographical structure and temporal complexity in American sweetgum (Liquidambar styraciflua; Altingiaceae). Molecular Ecology 17(17): 3889-3900. https://doi.org/10.1111/j.1365-294X.2008.03875.x

種子植物図鑑
スポンサーリンク
Ikeda, Kをフォローする
Ecological Notes Web - にほんブログ村 人気ブログランキングでフォロー
にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 植物観察へ

当サイトは以下のサービスを用いて運営しています。

SoftBank 光 まあまあ安くて、IPv6で接続すると通信速度が高速で快適に利用できます。SoftBank・Y!mobileユーザーは安いです。
Xserverサーバー 国内シェアNo.1サーバー。格安サーバーもありますが、安定性・安全性を選ぶならこれ。
Xserverドメイン エックスサーバーを利用するならそのままドメインも同じ会社だとスムーズです。
A8.net アフィリエイト最大手。案件数は最も多く迷ったらひとまず入っておくと間違いがないです。
もしもアフィリエイト Amazon・楽天での報酬料率がA8.netより高く、これらで扱われている商品紹介におすすめです。A8.netにない案件もあります。
デジハリ・オンラインスクール Adobe製品を格安の学生価格で利用でき、デメリットはほぼありません。勿論、Adobe製品の使い方の授業も受けられます。ブログに使う画像編集・Webデザインに関心がある人に強くおすすめできます。
Ecological Notes Web
error:
タイトルとURLをコピーしました