【種子植物図鑑 #104】パイナップル科の種類は?写真一覧

種子植物図鑑
Guzmania lingulata

パイナップル科 Bromeliaceae は多年草。多くは葉の基部がぴったりと重なり合った構造で水を蓄えることができます。しかし、タンク・ブロメリアや、トリコームと呼ばれる葉の構造からしか水を集められない灰色葉の着生植物 Tillandsia、砂漠に生息する多肉植物など、この仲間は多様です。さまざまな気候に適応し、葉は針のように細いものから広くて平らなものまで、対称的なものから不規則なものまで、とがったものから柔らかいものまで、さまざまな形をしています。通常ロゼット状に成長する葉は広く模様があり、着色されています。葉の色はあずき色から緑の色合い、そして金色までさまざまです。品種には赤、黄、白、クリーム色のバリエーションを持つ葉がある場合があります。紫、赤、またはクリーム色で斑点がある場合や、上部と下部に異なる色の種類もいます。主に熱帯アメリカ大陸に自生する75属3590種が含まれ、アメリカの亜熱帯にも数種、熱帯西アフリカの Pitcairnia feliciana が1種存在します。

本記事ではパイナップル科の植物を図鑑風に一挙紹介します。

写真は良いものが撮れ次第入れ替えています。また、同定は筆者が行ったものですが、誤同定があった場合予告なく変更しておりますのでご了承下さい。

スポンサーリンク

No.0664.a リングラタグズマニア Guzmania lingulata

リングラタグズマニアは筆者の仮称。学名順に読めばタグズマニア・リングラ。園芸でタグズマニアと総称され品種も多いことから特に区別はされませんが、Christensen & Butcher(2005)および『英語版Wikipedia』などを参照すると Guzmania lingulata、あるいはそれを母種とした品種と考えて良さそうです。多年草。着生または地上生。葉は長く、長さ45cm以下、幅約2cm、平ら、光沢のある緑色、縁は平滑、漏斗形のロゼットを形成します。花茎は普通、葉より短く、長さ30cm以下。頭状花序は球形、花が50個以下つき、花は大きな、鮮やかな赤色~ピンク色の苞(園芸種では黄色、橙色もある)に包まれ、花弁が白色、花はしばしば、2~4ヶ月続きます。中央アメリカ、西インド諸島からボリビア、ブラジルに分布します。変種はChristensen & Butcher(2005)で判別できますが、以下個体は品種である可能性もあるためここでは区別していません。

Guzmania lingulata

No.0664.b ベルテロニアナカトプシス Catopsis berteroniana

ベルテロニアナカトプシスは筆者の仮称。学名順に読めばカトプシス・ベルテロニアナ。細長い葉を持つ着生性の食虫植物。これらの直立した葉は重なり合って、チューブのような構造を形成します。雨水が落ちてチューブに着地し、ファイトテルマータ phytotelmata と呼ばれる水のプールを形成します(Frank & O’Meara, 1984; Adlassnig et al., 2011)。プールは植物が吸収できる豊富な量の栄養素で満たされた水性媒体で満たされています。この培地は弱酸性ですが、中性に非常に近いです(pH=6.8)。植物の表皮には固着腺があり、栄養素を吸収するために使用されます。Cephalotus follicularis などの肉食植物の他の種は、これらの腺を使用して酵素を分泌し、残骸を分解して獲物を捕まえるのに対し、本種は酵素を産生しないため、この植物は別の方法で物質を分解すると考えられています。葉に見られる白い粉は植物の葉から放出されます。この粉は非常に滑りやすく、紫外線を反射します。獲物を捕獲することが本種の栄養素を得るための主要な方法となっています。タンクと呼ばれる受動的なトラップを使用して、ターゲットをトラップして消化します。食虫性であるため、罠にかかる典型的な獲物は昆虫です。これらのトラップの目的は、昆虫の分解から無機栄養素、最も一般的には窒素とリンを得ることです。着生植物であるため、罠にかかる昆虫のほとんどは有翅昆虫です。彼らは葉の上にある白い粉によって植物に誘われます。この粉末は花粉と似た紫外線を反射するため誘引されます。更にこの粉は昆虫が足を滑らせるようにする役割もあり、逃げることができずファイトテルマータに落ちます。ほとんどの生物が溺死することになります。しかしインクイリヌス inquilinus と呼ばれるファイトテルマータを住処とする昆虫は蚊の一種 Wyeomyia mitchellii など11種類確認されており、植物は幼虫に生息地を提供し、幼虫は植物によるより速い吸収のために窒素栄養素を分解するのを助ける共生関係にあります。フロリダ南部からブラジル南部までの新熱帯地方に分布し、大量の日光にさらされる他の樹の樹冠の上で生育します。

Catopsis berteronianaの外観
Catopsis berteronianaの外観
Catopsis berteronianaのファイトテルマータ
Catopsis berteronianaのファイトテルマータ

引用文献

Adlassnig, W., Peroutka, M., & Lendl, T. 2011. Traps of carnivorous pitcher plants as a habitat: Composition of the fluid, biodiversity and mutualistic activities. Annals of Botany 107: 181-194. https://doi.org/10.1093/aob/mcq238

Christensen, T. & Butcher, D. 2005. Bromeliaceae. In: Spencer, R. Horticultural Flora of South-eastern Australia. Volume 5. Flowering plants. Monocotyledons. The identification of garden and cultivated plants. University of New South Wales Press, Sydney. ISBN: 9780868408323, https://hortflora.rbg.vic.gov.au/taxon/adae2160-5340-11e7-b82b-005056b0018f, https://hortflora.rbg.vic.gov.au/taxon/adae2160-5340-11e7-b82b-005056b0018f/key

Frank, J.H. & O’Meara, G.F. 1984. The bromeliad Catopsis berteroniana traps terrestrial arthropods but harbors Wyeomyia larvae (Diptera: Culicidae). Florida Entomologist 67(3): 418-424. https://www.jstor.org/stable/3494721

error:
タイトルとURLをコピーしました