スポンサーリンク
バラ科

キンミズヒキ・ヒメキンミズヒキ・ミズヒキの違いは?似た種類を解説

キンミズヒキ・ヒメキンミズヒキ・ミズヒキはいずれもバラ科キンミズヒキ属で日本では林縁などに生える多年草です。萼下にかぎ形の刺があり、果実が「引っ付き虫」であることが最も大きな特徴でしょう。これら2種はやはり名前の通りその全体的なサイズに違い...
アヤメ科

ヒメヒオウギズイセン・ヒオウギズイセン・ヒオウギの違いは?似た種類を解説

ヒオウギズイセン(ヒオウギスイセン)とヒメヒオウギズイセン(ヒメヒオウギスイセン、モントブレチア)はいずれもアヤメ科ヒオウギズイセン属でアフリカ原産の多年草です。普通観賞用に栽培され、地下に球茎があり、赤い花をつける点も大きな共通点で、混同...
キジカクシ科

ヤブラン・ヒメヤブラン・コヤブランの違いは?似た種類を解説

ヤブラン・ヒメヤブラン・コヤブランはいずれもクサスギカズラ科ヤブラン属で林内に生える常緑多年草です。園芸でも観賞用に栽培され、花も葉もそっくりであることからよく混同される3種です。その区別は難しいですが、葉の幅と花の数や花茎の長さを記録すれ...
ニシキギ科

ウメバチソウ・コウメバチソウ・ヒメウメバチソウの違いは?似た種類を解説 花や果実の構造は?

ウメバチソウ・コウメバチソウ・ヒメウメバチソウはいずれもニシキギ科ウメバチソウ属に含まれる多年草です。名前が類似しており、形態的にも葉や花が類似しており判断に迷うことがあるかもしれません。これら3種類は主に花にある仮雄しべの裂片の数で見分け...
ツルムラサキ科

ツルムラサキ・オカワカメ(アカザカズラ)・ツルナの違いは?似た種類を解説

ツルムラサキ・オカワカメ(アカザカズラ)はいずれもツルムラサキ科の観賞用・食用に栽培されるつる性草本です。葉上面・下面ともに緑色で、肉厚で卵円形である点など共通点が多く、マイナーな種類なので識別するのが難しいかもしれません。しかし、ツルムラ...
シソ科

バジル・スイートバジル・ホーリーバジル・レモンバジルの違いは?似た種類を解説 花や果実の構造は?

バジル・スイートバジル・ホーリーバジル・レモンバジルはいずれもシソ科メボウキ属でアジア原産である点、葉が食用にされる点が共通しています。そのため形や利用方法の違いがわからない人は多いでしょう。バジルというとシソ科メボウキ属の仲間を総称するか...
ヒルガオ科

ルコウソウ・マルバルコウ・モミジルコウ・ツタノハルコウの違いは?似た種類を解説 花や果実の構造は?

ルコウソウ・マルバルコウ(マルバルコウソウ)・モミジルコウ(モミジバルコウソウ)・ツタノハルコウ(ルタノハルコウソウ)はいずれもヒルガオ科サツマイモ属で、熱帯アメリカ原産のつる性1年草で日本では観賞用されていたものが帰化していることがありま...
クマツヅラ科

ランタナ(シチヘンゲ)・コバノランタナ・ヒメイワダレソウの違いは?似た種類を解説 花や果実の構造は?

ランタナ(シチヘンゲ)・コバノランタナはいずれもクマツヅラ科シチヘンゲ属で、なによりカラフルで派手な花が特徴的な常緑小低木です。日本ではどちらも頻繁に植栽される上に野生化している個体も見かけます。そのためその区別に迷う場合があるかもしれませ...
キク科

アレチノギク・オオアレチノギク・ヒメムカシヨモギ・ケナシヒメムカシヨモギの違いは?花と果実の構造は?

アレチノギク・オオアレチノギク・ヒメムカシヨモギ・ケナシヒメムカシヨモギはいずれもキク科アズマギク属に含まれ、アメリカ大陸から世界に広がる1〜越年草です。日本でも乾燥した畑~都市部で頻繁に見られます。慣れないうちは区別が難しいかもしれません...
ユリ科

シンテッポウユリ・テッポウユリ・タカサゴユリの違いは?花と果実の構造は?

シンテッポウユリ・テッポウユリ・タカサゴユリはいずれもユリ科ユリ属でユリの中でも特徴が少なく純白な花をつけ、「The ユリ」とも言えそうな3種です。しかし、これら3種は極めて混同されています。それもそのはずで研究者や研究機関によって取り扱い...
スポンサーリンク
error: