スポンサーリンク
キク科

ブタクサとオオブタクサの違いは?セイタカアワダチソウ・キリンソウ・ブタナとの違いは?似た種類を解説

ブタクサとオオブタクサはいずれもキク科ブタクサ属に含まれる一年草の雑草で、人間との関わりとしては「ブタクサ花粉症」を引き起こすことで有名でしょう。これはブタクサ属の花が風媒花であることに由来しており、それを実現するために雌頭花や雄頭花が細長...
キク科

オケラ(白朮)・ホソバオケラ(蒼朮)・コウヤボウキの違いは?似た種類を解説

オケラ(白朮)とホソバオケラ(蒼朮)はいずれもキク科オケラ属の多年草で、薬草としても有名で、根茎を乾燥させた生薬は「朮」と総称されます。形態としては葉は鋸歯が目立ち、花はキク科らしく頭状花序(頭花)となり、筒状花のみから構成される点は大きな...
キンポウゲ科

シュウメイギク(キブネギク)・タイワンシュウメイギク・ボタンキブネギクの違いは?似た種類を解説 シュウメイギクの同定はほどんど間違っていた?

シュウメイギク(キブネギク)・タイワンシュウメイギク・ボタンキブネギクはいずれもキンポウゲ科イチリンソウ属に含まれ、特にシュウメイギクとボタンキブネギクは園芸では盛んに栽培される秋を代表する多年草です。しかし、これらの種類は極めて混同されて...
キンポウゲ科

センニンソウ・ボタンヅル・コボタンヅルの違いは?似た種類を解説

センニンソウ・ボタンヅル・コボタンヅルはいずれもキンポウゲ科センニンソウ属に含まれ、日本の林内で見られるつる性半低木です。複葉である点、花は花弁がなく白色の萼片である点、果実に羽毛の構造がある点などは大きな共通点で、区別に迷うことがあるかも...
ナス科

ダチュラ・チョウセンアサガオ・ケチョウセンアサガオ・キダチチョウセンアサガオの違いは?似た種類を解説

チョウセンアサガオ・ケチョウセンアサガオ・キダチチョウセンアサガオはいずれもいずれもナス科に含まれ、観賞用に栽培される園芸植物である他、有毒・薬用植物としてもよく知られています。属名から「ダツラ」、「ダチュラ」とも総称されます。しかしこれら...
サクラソウ科

クリンソウ・サクラソウ・カッコソウの違いは?似た種類を解説

クリンソウ・サクラソウ・カッコソウはいずれもサクラソウ科サクラソウ属で日本に在来する多年草です。花の形は類似しており、花の色も普通はピンク色であることから混同される3種です。しかし、その区別は葉の形を見ることで比較的容易に可能でしょう。ただ...
ヒユ科

ケイトウとノゲイトウの違いは?ヤリゲイトウ・ウモウゲイトウとの違いは?似た種類を解説

ケイトウとノゲイトウはいずれもヒユ科ケイトウ属で食用・園芸で観賞用に栽培される一年草です。穂状花序は燃え盛る炎にも例えられます。花序が大きくなるとトサカ状になるものもあることから「鶏頭」という和名が与えられています。しかし、ケイトウとノゲイ...
アオイ科

アブチロンとウキツリボクには違いあり!ショウジョウカ・フイリアブチロンとの違いは?似た種類を解説

園芸では「アブチロン」という言葉がよく使われ、通常1種類ではなく特定の種類を指す言葉ですがややこしいことになっており、園芸ではウキツリボク・ショウジョウカ・フイリアブチロンの3種を指し、学術ではイチビ属の仲間を指しウキツリボクとショウジョウ...
アサ科

ホップとカラハナソウの違いは?似た種類を解説 本当の果実はどれのこと? 

ホップ(セイヨウカラハナソウ)とカラハナソウはいずれもアサ科カラハナソウ属に含まれる多年草で、学名から分かる通り、変種の関係にあります。ホップはビールの原料になることから有名でしょう。2変種とも分裂しないか3(~ 5)中裂する葉を持つ点、雌...
マメ科

ヤブマメ・ツルマメ・ダイズの違いは?似た種類を解説

ヤブマメとツルマメはいずれもマメ科のつる性一年草で、日本では土堤、草原、林縁などのよく似た環境に生えており、三出複葉で形も一見似ており、混同されるかもしれません。しかし、属レベルでの違いがあり、その違いは葉・花・果実全てによく現れているので...
スポンサーリンク
error: