スポンサーリンク
植物

ナスタチウム(キンレンカ)に似た種類は?食用になる?栄養は?歴史は?花の窪みは甲虫の休憩所になってた!?

ナスタチウム(キンレンカ・ノウゼンハレン)はペルー原産で日本では主に観賞用として園芸で栽培される一年草または多年草です。花と変わった葉が特徴的で人気があります。和名は多数ありますが、ナスタチウムと呼ぶのは混乱を招くので個人的にはおすすめでき...
植物

カラシナ・アブラナ・セイヨウアブラナ・クロガラシの違いは?利用方法はどう違う?なぜ辛く進化した?和辛子やサラダ油に欠かせないアブラナ属は昆虫が訪れることで結実率が上がっていた!

カラシナ・アブラナ・セイヨウアブラナ・クロガラシは春に咲く黄色いアブラナ科の花4種で花の形は殆ど変わりません。生息環境もほぼ同じです。その上近い仲間が沢山いて、非常に混乱します。その複雑さから研究者ですら同定を間違うほどです。最近の研究で詳...
植物

イカリソウとトキワイカリソウの違いは?イカリソウ属の種類は?なぜ種類によって花の形や色が異なる?花にはどんな昆虫が訪れる?

イカリソウとトキワイカリソウはどちらも花が「錨いかり」のような形になってることで有名な野生種ですが、その面白い花の形から園芸種としても知られる2種です。花の形だけ着目すると違いが少ないため、区別に困るかもしれません。自然下で混在することは少...
植物

クサギ・アマクサギ・ショウロウクサギ・シマクサギの違いは?似た種類の見分け方を解説!葉は本当に臭い?花は蛾と蝶両方に受粉を頼っていた!?

クサギは葉が臭いことから名付けられた東アジアに分布する樹木です。変種や近縁種がいくつか知られています。これらは主に花の雄しべの長さや、葉の毛の量や形で区別することが出来ます。葉は臭いがしますが、必ずしも臭いと感じるわけではなく、人によっては...
植物

イングリッシュラベンダー・フレンチラベンダー・デンタータラベンダーの違いは?似た種類の見分け方を解説!精油の効果は?花の中に蕾が交じるのはなぜ?種子はヒツジが運んでいた!?

ラベンダーは園芸で大人気で紫色の花を咲かせる種類として知られており、薬用としても名高いです。しかし、その区別について適切に書いている記事は少数です。ラベンダーの見た目の違いは「品種」の違いというわけではなく、全くの別種です。代表的な3種イン...
植物

スイカズラ・ツキヌキニンドウ・ハマニンドウ・キンギンボクの違いは?似た種類の見分け方を解説!花の形はなぜ違う?夕方に咲くのはなんのため?

スイカズラは日本では最も一般的なスイカズラ属で、野生でも園芸でも頻繁に見かけます。いくつか近い仲間が知られていて、スイカズラ・ツキヌキニンドウ・ハマニンドウ・キンギンボクの4種は樹形、花、実、葉の形を総合的に見ることで確実に区別が付きます。...
植物

ロウバイ(蝋梅)とソシンロウバイの違いは?毒はある?ロウバイの花が真冬に咲くのには理由があった?ロウバイの少数派戦略!

ロウバイは中国原産で日本では庭木などとして利用されます。あまり知られていませんが、種子や葉には毒性があるので注意が必要です。ロウバイとソシンロウバイは花の色合いで区別することが出来ます。そんなロウバイは真冬に咲き、他の植物が咲かない時期に庭...
植物

ハゼランとサンカクハゼランの違いは?似た種類の見分け方を解説!原産地は?なぜ三時草と呼ばれる?花に訪れる昆虫は殆ど居なかった!?果実は「爆ぜて」種子を飛ばすというのは本当?

ハゼランとサンカクハゼランはピンクの花を咲かせるハゼラン科の2種です。いずれも園芸個体や逸脱した個体が日本国内で外来種として見られます。2種ともアメリカ大陸原産です。この2種は花序の付き方、花軸の稜の有無、花弁の大きさ、柱頭の形と、沢山の形...
植物

ミミガタテンナンショウ・ヒガンマムシグサ・マムシグサの違いは?花はキノコバエを閉じ込めて受粉させる恐ろしい生態を持っていた!?果実は鳥が好き?

ミミガタテンナンショウ・ヒガンマムシグサ・マムシグサはテンナンショウ類の中でも代表的な種類です。テンナンショウ属は極めて形が類似しており、区別が難しいグループです。はっきりいってテンナンショウ属の区別は極めて困難です。分類に関しても地域個体...
植物

エノキグサとエノキの違いは?似た種類の見分け方を解説!ナガバエノキグサ・ビロードエノキグサとは?地味な花は2種類の方法で受粉していた!?

エノキグサは平地の道端や畑でみられる普通種ですが、詳しくないと名前の通りエノキと区別が迷うことがあるかもしれません。葉の葉脈や鋸歯、先が尖っている点などの共通点もありますが、基本的には分類は全く違っており、草本か木本かという大きな違いがあり...
スポンサーリンク